個人的な偏りに満ちた観劇記を中心とした私的日常雑記です。「俳優 畠中洋さん」を熱烈応援中〜!
<< 8/15 タン・ビエットの唄(東京楽日)その3 | main | 8/18 W〜ダブル >>
「タン・ビエットの唄」番外編
0
    小さめの字で…「タン・ビエットの唄」 出待ちレポ。

    8月13日(金)終演後、LEOさん、しろさんにお付き合いいただき、出待ちのため楽屋口に移動。 
    夜10時前だというのに暑い!
    畠中さんが出てくる直前、石丸さんが自分で車を運転して駐車場から出てくる。 窓を開け、誰かに挨拶する姿を見られてラッキー! 私と一緒にいる2人の目がハートになっていた。(笑)

    畠中さんは例のスキンヘッドの大きなマネージャーさん(?)と一緒。

    3人で近寄り、サインをいただく。 気の利いたことを言いたいのは山々なんだけど、「すばらしい作品でなんと言っていいか…言葉が見つかりません」としか言えなかった…。 
    サインをいただきながら畠中さんの足元を見ると宮川さんのブログ(8月5日の記事)で紹介されていたクロックス! 
    思わず「それ、みなさんでお揃いのクロックスですね」と言うと、最初に宮川さんが買ってそれを駒田さんが気に入って真似して、気持ち悪いけど自分もお揃いで買ってしまった、というようなことを笑いながら話してくださった。(いつものように頭が真っ白になっているので正確な言葉が思い出せない…。)

    握手していただいた後、他のファンの方にもサインしている畠中さんをちょっと離れたところから見ている私たち。 
    畠中さんの服装はお揃いのクロックスが紹介されていた日の写真と同じ。 ボーダーのTシャツ、ロールUPしたジーンズ、ちょっと後ろが長くなったような不思議な帽子。(笑) 若い!若すぎる。

    その後、私たちの前を通過する時またご挨拶できちゃったのがうれしい。

    畠中さんとマネージャーさんは徒歩で池袋駅方面に向かっている。 
    私たちも当然ながらそちらに帰るしかないのである程度距離を置いてついていく。 決して後をつけているわけではない。 目的の方向が一緒なだけだからっ!(笑)

    後ろから見ると、大柄なマネージャーさんの横でシルバーのスポーツバッグを持って何か楽しそうに笑いながら横揺れして歩いている畠中さんは、少年にしか見えない。 
    たとえて言うなら「お父さんと一緒にプールで泳いでこれから家に帰る少年」(爆) 

    そして偶然池袋駅まで後ろを歩いてしまった私たちは、JR改札に消えるお二人に密かに手を振ってみたりしたのである。


    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    8月15日(日) 終演後 LEOさんをまたまた引っ張り楽屋口へ。
    暑い!これはめちゃくちゃ暑い!! 楽屋口が日陰じゃなかったら出待ちを断念したかもしれない。(←うそ)

    GARANTIDOのとき、楽日は搬出のために車の出入りが多いことを学んだので、なるべく楽屋口のすぐ横にスタンバイ。 ただしここはファンクラブの人たちの定位置だったりするのでどうなるかな、と思っていたけど、樹里ちゃんのときのような組織的に並んでいる感じじゃなくて、お互い顔見知りっぽくかたまっている感じ。 私たちの周りはどうやら駒田さんのFCらしい。 

    最初に安寿ミラさんがさっそうとベンツを運転しながら手を振って帰って行った。 うーん相変わらずかっこいい。

    川本さんや島本さんがすたすたと目の前を通り過ぎる。 

    駒田さんが出てきて、私たちの周りはサイン待ちの人が群がる。 その人ごみに組み込まれそうになって一歩引く。
    今回は結構皆さん出てくるのが早い。(HATANAKA.netさんに寄せられた畠中さんの投稿によると、外で中締めのような宴会だったらしい) 
    吉野さんは車の中からファンに挨拶しつつお手紙を受け取っていた。

    そして畠中さん! 今日は楽屋口から出てくるといつもと逆の方向に向かって歩き始めたので慌てて私たちも移動。 
    またもやパンフレットにサインをいただく。 初日は表紙、今日は裏表紙。 
    「ラジオ体操のスタンプカードみたいですみません」と思わず謝る私。 
    でもなんというか…「サインしていただけますか」とでも言わないと話しかけにくいじゃないの。 それに畠中さんはいつも日付を入れてくださるので記念になるしっ! 

    「お疲れ様でした!と言ってもまだまだ続くんですよね。 頑張ってください!」とは言えた…はず。 

    畠中さん、お疲れなのにいつも本当に礼儀正しくて、私たちに「ありがとうございます」と言いながらサインしてくださるので、嬉しいけど…なんだか申し訳ない気分。
    お礼を言うのはこっちなんですけどぉ。

    そして間近でお顔を見るたびに、お顔の小ささと目の大きさと彫りの深さにどぎまぎしてしまう。 
    うーん、濃いお顔です。 かっこいいです! 素敵ですっ!
     
    あー、兵庫行きたいなあ。(8月29日) 無理なのはもう決まっているのに未練たらたら。
      
    Posted by : chawan | 畠中さん | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://ifeelsomuchspring.chamwan.catfood.jp/trackback/855866
    TOP