個人的な偏りに満ちた観劇記を中心とした私的日常雑記です。「俳優 畠中洋さん」を熱烈応援中〜!
<< 1/12 十一ぴきのネコ | main | 1/15 ボニー&クライド >>
1/14 新春落語会
0
    新春落語会 

    出演者:三遊亭円楽・春風亭昇太・林家たい平

    2012年1月14日(土) 17:00開演 練馬文化センター
    1階K列上手ブロック  同行者: ダンナ


    <本日の演目>
    オープニングトーク(春風亭昇太・林家たい平)
    動物園 (春風亭昇也)
    宴会の花道 (春風亭昇太)

     〜仲入り〜 

    太神楽 (翁家勝丸)
    不動坊 (林家たい平)
    代書屋 (三遊亭円楽)

    久しぶりの落語! 

    全員お昼過ぎまで「笑点」の公開録画があって、円楽師匠はその後千葉の寄席に行き、まだ到着していないので、最悪お目当てが出ないこともあると覚悟しておくようにとのこと。(笑)
    どんだけ稼ぐ気だよあの人は、とか、笑点で見ると歌丸師匠との比較で若く見えるけど、単体で見るとかなりのおじいちゃんだとか、言いたい放題。前説がこの二人とはお得な気分。

    「動物園」
    前座の春風亭昇也は、奥さんはいないのに弟子は5人いるうちの一人。
    勢いがあってよかった。

    「宴会の花道」
    昇太の枕はあいかわらずハチャメチャで面白い。っていうか、やっぱり落語家のブラックな世相の切り取り方が好きだなあ。 場所を選ばないと単なる不謹慎とも言われかねない話題が満載。 師匠の死も、人の成功へのねたみも、カラッと笑い飛ばせる。 はー、ストレス解消!
    あ、で肝心の噺は…飲めない人間が割り勘で会社の宴会に出るのは嫌だ、たまには会費分自分の食べたいものを注文するノンアルコール宴会をやろう、と提案。これが意外と全員の支持を得て、幹事が事前に各自の食べたいものを聞いて回り、ショートケーキやらカニみそやらナタデココやらが並んだ宴会が始まる。最初は楽しく進むが、やがてみんな会費分山積みになった自分の好みの一品に飽きてくる。最後は部長が「このやろう、俺のケーキが食えないのかっ」となり、無理やり食べさせられた下戸の言いだしっぺが、いつもの宴会と同じように具合が悪くなって吐いて怒られる、というもの。
    下戸の私にはとても共感できる部分のある面白い作品だった。

    「太神楽」
    顎に棒を乗せてバランスを取り、上に色々なものを積んでいく芸。 
    もっと見たかったら浅草演芸場へ、とのこと。

    「不動坊」
    あらすじはこちら
    たい平の芝居好き、声帯模写好きが生かされた作品。 「うまいなあ」と素直に感心。

    「代書屋」
    あらすじ…リンクしてもかなり違うので。(笑)
    どちらかと言うとさわりの部分だけを膨らませて、しかもキャラクターを小遊三師匠の本名「天野幸夫」にして、別名「天野幸夫物語」に仕上げている。
    やはりややお疲れな感じ。(笑)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    帰りに練馬の駅の反対側にある「パンコントマテ」にて夕食。
    パスタも食べたい、ピザも食べたい。 しかし二人だと量的にどうなのかなあ、と思って店員さんに確認。
    「二人でピザ1枚とパスタそれぞれだと多いですか?」
    「そうですね。ピザが結構大きいので、ピザ1枚とパスタひとつにして、足りなければ何か追加されたほうがいいと思います。」
    「わかりました。」
    〜しばし相談〜
    「じゃ、ピザのクワトロフォルマッジと、ウニとイカのパスタと、野菜のグラタンお願いします。」
    私たちとしてはサラダとデザートをあきらめた結果のオーダーなんだけど、店員さんは「じゃあなんであんな質問を…」と思ったに違いない。(笑)

    あ、もちろん完食!


    Posted by : chawan | 観る | 05:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://ifeelsomuchspring.chamwan.catfood.jp/trackback/855977
    TOP