個人的な偏りに満ちた観劇記を中心とした私的日常雑記です。「俳優 畠中洋さん」を熱烈応援中〜!
<< 2011年実績まとめ メモ | main | 急いで追いつけ!(駆け足の2月) >>
1/20 ボニー&クライド(2回目)
0
    2012年1月20日(金)18:30開演 青山劇場
    1階G列センターブロック  同行者:友人K

    今回はセンターブロックでリベンジ!
    (1回目の感想はこちら

    本当は一番書きたいことがあるけど、感想とは混ぜたくないのでちょっと保留。

    2回目なので前回見逃していたところとか気になっていたところを再確認できて楽しめた。 
    そして改めて霤弔気鵑硫両力に感動した。
    専門的なことはわからないので表現が変かも知れないけど、セリフを話している時と歌い始める時に、「声に境目がない」のよねえ。しかも高音部になってもそのまま境目なくするすると気持ちよく伸びていく歌声。あれは何がどうなってるの?(笑) 
    歌声が自分の意のままに完璧にコントロールされている。だからささやいてもきちんと響くし、歌い上げている時も気持ちがきちんと歌声に込められていて、本当に耳に心地よい〜。
    これは本当にジキル&ハイドの楽しみが増えた!!

    Wキャストのテッドは本日は中河内雅貴さん。
    藤岡君のモッサリ系テッドとは対照的なすっきりさわやか系! 
    歌唱力を藤岡君と比べたら気の毒だからまあそれは置いておくとして、テッドはカッコいいとかえって間抜けに見える役だと思っちゃった。
    幼馴染のかわいいボニーちゃんに散々機会がありながら不器用なアプローチしか出来ないし、目の前で犯罪者に持って行かれちゃうし、最悪のタイミングでボニーが嫌いなブローチ誉めるし…。
    藤岡テッドだとそのモサさ故にボニーが選ばないのも納得だから(←ひどい)「うんうん、不器用でも仕方ないよね。いい人なのにね。がんばれ!」という同情モードになったのに、中河内テッドだと(自分の見た目や立場を生かせない)どん臭いヤツめ!と。(←これもひどい) しかも歌詞が意外と女々しいので、中河内テッドが「歌だけ」に集中して(これがまたイタイ)切なく歌いあげちゃうと、「はあ?いつまでも小学生の時の天使の役のイメージを引きずられてもボニーだって迷惑じゃないの?」と突っ込みたくなる。 
    つまり私の結論は、「オトコは見た目じゃない」(爆) 
    それにしてもクライドの女で犯罪者のボニーでも想い続けるってすごい。 
    人は変わるんだよ、テッド君。 

    そして藤岡テッドは丸腰で現場に向かい、中河内テッドはライフルに手を伸ばす…この違いは何だったんだろうねえ。(自分の勘違いかと思ったけど、他の人のレポ読んでやっぱり藤岡テッドはホルスターはずしたよね?って確認。)

    万里生君は喉がお疲れモードとの噂を聞いて心配していたんだけど、高音部も綺麗に伸びていて大丈夫そうでホッとした。
    前半は彼の声を上手く響かせられないメロディラインが多いから気の毒。なにしろボニーがあの声だから!
    後半の隠れ家で歌う自作ラブソングは最高〜!
    そして自分に捧げる歌を作ってもらってテンションMAXなボニーが「何処かに家を買っていつか子供も欲しいわ」と言った時のクライドの驚きっぷり!彼には想像もできない種類の未来なんでしょう。ましてやこんな状況で!
    でもね、♪男と女の間には深くて暗い川がある♪んだよ、クライド君! 
    え?それともまさか二人はまだ…? ま、どっちにしても「ありえねー」って吐き捨ててもおかしくない局面だと思うので、よく自制したと思う。
    二人の思いがすれ違っちゃったあのシーンで、逆にクライドが本当にボニーを愛してるんだなあって切なくなった。既にどんな種類の未来も残されてはいないのに。

    うーん、あと「ほほう」と思って残っているシーンは、テッドが盗難車の捜査で夜中にボニーの所に寄って、なんとか勇気を振り絞って「幼馴染みとしても君を守るから」って言ったときのボニーの反応。
    やや間があって「頼もしいわ」。 ああ、うまいな、と。 
    せっかくのクライドとのイチャイチャタイムを邪魔された上にこの勘違いヤローな発言に、絡んでくるお客を叱り飛ばすような気の強い「女の子」のボニーだったら「うるさいなあ、もう帰って!」になりそうじゃない? 
    おそらく自制心を総動員しての、あのセリフ。 あそこで色んな計算が頭の中を駆け巡っているんだろうな、というあの間がすごくよかった。
    「頼もしいわ」というのは自分の「気持ち」じゃなくてテッドの発言の「種類」を述べたに過ぎない。でも、これはテッドにとってはものすごく欲しかった評価のはず。かなり高度なテクだと思う。(笑)  
    反射的に「嬉しいわ」という嘘がさらっと出るほど大人じゃなかったのに、あの逡巡の間でボニーはクライドと一緒にいるためなら女の武器を総動員できるしたたかな「女」になった。
    その直前にママについた嘘とも種類が違うんだよね。 あれは自分が怒られないようにするための「子供の嘘」。

    それから今回って主演二人の歌を堪能できるけど、アンサンブルはほぼコーラスのみなのがちょっと残念。 2回も殺された戸井さんなんてワンフレーズもソロなかったよね?(涙) 岸さんはアンサンブルの中でちょっとだけあったけど…もったいないお化けが出てもおかしくない!
    だったらそこにミュージカル俳優を配置する意味があるのかなあ。木場保安官と一緒でいいじゃない。 キャストを見て歌も期待した分、がっかり感も大きい。 
    逆に、生臭い感じの牧師さんがあんなに歌うのもよくわからなかった…。

    1回目の感想でも書いたバックとブランチの会話といい、テクニカルにすごく面白い部分がたくさんあるのに、全体としてはまだまだ整理して欲しい感じだったので、もし再演するならそこんとこ、ヨロシク。(なんでしょう、この上から目線は)

    Posted by : chawan | 観る | 05:45 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    わーい、2回目分♪
    いろいろ『うん、うん!』と思いながら読みました〜!

    濱田さんの歌声は、本当にこう言ってはなんですけど”唯一無二”なものな気がします。物凄い魅力だし、物凄い武器かなって。それにプラスして、あの役への寄り添い方が素晴らしい〜!
    これからまた色んなところで観られるのが、楽しみで楽しみで仕方ありません♪

    男と女の溝、確かに。
    果たして、あの時のボニーは本当にそうなるって思ってたんですかねぇ。あの後のヒステリっぷりをみると、夢なのよ!夢くらい観させてよ!という部分もあるのかな〜とか、色々考えてしまいます。
    あの後の優しいクライドが大好き(>_<)!

    今回、本当に戸井さんと岸さんは勿体無かったですね。特に戸井さん!勿体無いお化けが出ちゃう!
    3回もお亡くなりに……(涙)
    再演がありましたら、とにかく色々ブラッシュアップしていただきたーいです!

    はー、楽しかった(笑)!
    | きひろ | 2012/01/24 4:16 PM |

    >きひろさん
    なんか二人でお互いのコメント欄まで使って語り合っちゃってますね。(笑)
    2回目を見て結構はまったので、公演期間がもうちょっと長かったら私もやばかったです。
    そう、だからきひろさんのブログやツイッターの感想読んで、2回じゃわからなかった部分を色々イメージできて、かなり興奮しちゃいました。
    そしてひきろさんの興奮に背中を蹴られて(?)私も感想残せたのも嬉しいです。

    最後の3日間だけ演出変えるぐらいだから、色々試したいプランはあるんだと思います。
    再演に期待したいですね!
    | chawan | 2012/01/24 11:55 PM |

    chawanさんこんばんは♪
    男と女の溝の話〜!
    あのシーンはクライドのみならず、会場全員が「それはありえないよ〜」って思いましたよね、きっと。(笑)
    私も思いながら、あのセリフ、ボニーがわざと言ったのかな?とも感じました。
    彼女だって、そんな未来がないことは気付いていたはずですよね。
    でも直前の「ラブソング」で二人とも良い雰囲気になったことを考えると、ありえない未来をあえて口に出して言うことで、クライドを現実に引き戻したのではないかな、って。
    彼がこれ以上深く傷付かないように、彼女なりにクライドを守ったのかなーって。
    そして駄々をこねれば、きっといつもみたいにクライドが折れて慰めてくれて、普通の状態に戻る。そのくらい彼に愛されている、ってことをボニーは気付いていたのかな?とも感じました。(計算している感じてはなかったので、多分、本能的なもの?)
    最後の詩の披露のあとで、ふたりとも長くは生きられないことを丁寧に口に出して言ったのもボニーですのね、女性のほうが現実的で強いのかな?

    「頼もしいわ」のセリフについては「なるほどー!」って思いました。
    高等テクを見抜けなかった私は女性として未熟者ですが(笑)、なんであんな言い方するのかなー?って疑問に思ったシーンでしたので、なんだか合点がいきました。
    ありがとうございました。

    私も2回拝見しましたが、いろいろ理解していくに従いかなり心惹かれる舞台でした。
    濱田さんの歌は、優しく包みこむというよりもハートに突き刺さるような衝撃のある素晴らしい声ですね!
    私が鼻歌すら苦労している曲を(苦笑)、暴れながらさらっと歌ってのける主演ふたりの歌唱力も素晴らしかったです。
    再演、あるといいですね。
    | ふうこ | 2012/01/28 12:12 AM |

    >ふうこさん
    いらっしゃいませー!なるほど、「ボニーの優しさ」説、深いですねえ。
    そう女性の方が大人ですからね…。
    理由はどうであれ、とにかくそういう「普通の幸せな家庭生活」という未来を示されたことは、クライドにとって全く死角からボールが飛んできたような驚きだったんだろうな、って思うと、面白いやら切ないやらです。

    それから私も高度なテクを持っていないどころか使う機会も鍛える機会もなかったので、あくまで頭での分析です!(笑)
    | chawan | 2012/01/29 11:37 PM |










    この記事のトラックバックURL
    http://ifeelsomuchspring.chamwan.catfood.jp/trackback/855982
    TOP