個人的な偏りに満ちた観劇記を中心とした私的日常雑記です。「俳優 畠中洋さん」を熱烈応援中〜!
<< 急いで追いつけ!(駆け足の2月) | main | 急いで追いつけ!(あと一息の4月) >>
急いで追いつけ!◆僻瑤啜遒3月)
0
     さて、3月。 

    メインイベントだった「ジキル&ハイド」の感想を書かないままになっているというのが何よりもイタイ。
    いくら地の利がいい日生劇場とはいえ、18:30に席に座っているためには日中の仕事も詰まるし、3時間がっつり観劇した後も可能なら出待ちして(笑)、家に帰ってからは3月前半は懇親会の準備、後半はそのレポート作成。 さらに感想を書く時間を捻出するなんて、時間の使い方が下手な私には出来なかった…。
    しかも自宅作業はとにかく人が寝静まらないとできないので(地下活動だからね)、睡眠不足でさすがにヘロヘロ。 こんなスケジュール、仕事だったら絶対無理!(笑) 
    舞台の畠中さんが見られる!懇親会がある!ということでアドレナリンと脳内エンドルフィンが出まくっていたからこそ乗り切った3月。 

    濃かった!楽しかった! ありがとう!(何が?)

    *************************


    2012年3月3日(土)&2012年3月11日(日)
    宝塚花組「復活」「カノン」 2回目、3回目。

    1回目の感想書いたので省略。
    でもそ久しぶりに同じ演目3回も行っちゃった!

    *************************

    「ジキル&ハイド」の履歴
    3月6日(火)ソワレ 初日!
    3月7日(水)ソワレ
    3月8日(木)ソワレ
    3月10日(土)マチネ
    3月15日(木)ソワレ
    3月18日(日)マチネ
    3月19日(月)ソワレ
    3月20日(祝)マチネ&懇親会!
    3月22日(木)ソワレ
    3月25日(日)マチネ
    3月27日(火)ソワレ
    3月28日(水)マチネ 東京千穐楽!

    これは別枠を設けることにして、ここではすっ飛ばす。
    (む、無念!)

    *************************


    2012年3月17日(土)
    「スリル・ミー」 アトリエ・フォンテーヌ
    同行者: 友人K

    昨年見なくて山ほど後悔した作品。
    閉館前のアトリエ・フォンテーヌで再演。 あのキャパだから当然大激戦で、結局ボニクラ抱き合わせ…じゃなくてHプロさまお得意の後だしジャンケン(←失礼さ変わらず)「クライドセット」で手配した分しか確保できなかった。

    耽美〜なセリフはかなりツボ!ドSなニーロさんの美しいこと!子犬のようなマリオ君の可愛いこと!2人ともキャラが見事にはまっている。 曲も綺麗だし、デュオは目と耳の保養!

    ただ…脚本に出来過ぎ感と言ったらいいのか、既視感と言ったらいいのか…。 
    最後のどんでん返しも、返されてみると「なるほど」なのね。つまり驚きよりも納得。 
    萩尾望都の漫画で読んだかも的な。(もちろん違うけど) 
    これは実話を元にしているけど、もし仮に漫画原作だとしたら、萩尾望都か三原順でしょう。なーんてね、ちょっとナナメに見ている自分がそこにいた。

    3月のジキル&ハイド祭り真っ盛りで見たのはタイミング的に残念。 たぶんのめり込まないように無意識に自分にブレーキかけてたと思う。
    色んな仕掛けが、シーンが、歌声がフラッシュバックしてきて後をひく作品。 
    ラストがわかってからもう一度、別のペアでももう一度(あ、3月はこのペアしかやってないけど)…となる自分が想像つくだけに。
    実際、見てから他の人のネタバレ感想なんかも読んでみると、これがまた…「え?そうだったっけ?今度見たらここは要チェック!」とか思って、結局当時の事件や「ニーチェの超人思想」をウィキったりしちゃったわけで。
    で!冷静を装って見てしまった3月のツケを払うのも自分。
    「大きなハコじゃ全然別の作品になっちゃうよねー。」と言っていたその舌の根も乾かぬうちに、7月の銀河劇場を3ペア分予約してしまった…! 
    不便だから敬遠してる劇場なのに。ここで平日に3日押し込むと、なんだかんだと7月後半は連日連夜になっちゃうのに!やはり自分の心にウソはつけないのか…。 

    そして先行予約で今度は結構いい席が来たからいきなりHプロさんへの態度軟化。 
    Hプロさん、後出しジャンケン以外も、やればできるってことじゃないの。そうそう、先行予約するファンにこそこうやってちゃんといい席渡してくれなきゃね。

    ということで、本当の意味での感想は7月にがっつりと!

    *************************


    2012年3月29日(木)
    宝塚星組「REON!」 同行者:Uるる嬢

    楽しすぎたー! 普段の宝塚と違って、最初からペンライトあり、掛け声あり、スタンディングあり!
    J−POPのメドレー、女装(?)コント、白ロミオ、黒ロミオのやたらとハイレベルなダンス! そしてねねちゃんとのアルゼンチンタンゴ!魂吸い込まれるほど素敵だった。 DVDはあのワンシーンのためだけでも絶対に買い!
    ショーヴラン扮装での「君はどこに」は、当時よりはるかに歌唱力も表現力もUPし、苦悩のにじむ顔がたまらない。 
    レオン君が作詞に初挑戦!の歌は、なんの技巧もなくベタで面白すぎる。先生に「小学生の日記みたい」と言われたらしい。(笑) 

    あらゆる要素が詰まったサービス精神たっぷりのコンサートに顔が緩みっぱなし。 Uるるさんとひゃーひゃー騒ぎながら、せっかく買ったペンライトも振る余裕がないぐらい、とにかく楽しんだ! 
    昨日までどっぷり浸かっていたジキハイの世界から強制引き戻しとなり、ある意味心のリハビリ。(相変わらず首はこりこりで回らなかったんだけどね) 
    この100%萌え〜な恍惚感はやはり宝塚でしか味わえない。 ま・ん・ぞ・くっ! 

    *************************

    2012年3月30日(金)
    「ガラスの動物園」 同行者: 友人K

    <演出>長塚圭史
    <出演>立石凉子・深津絵里・瑛太・鈴木浩介

    テレビ観ないので瑛太を見たのは「牡丹燈籠」以来?発声もお芝居も上手くなっていてびっくり!
    そしてローラを演じた深津絵里の冴えない女っぷりがあまりにリアルで、途中まで深津絵里だと思わないで見ていたという…。(笑) だってものすごく「いびつ」な感じで全然かわいく見えなかったんだもん。
    現実逃避して完全に「いっちゃってる」ところ、あこがれていたジムに再会し呼吸もできないほど緊張している姿は、正視するのがイタイ。辛い。 ところがジムに心を許しそろそろとその自分の殻から出てくるところ…なんと繊細な表情の変化。踏みにじられて枯れかけた雑草かと思っていたら可憐な花が咲いた!と驚いて目が釘付けになったような気分。 いや、あれじゃジムも思わずキスしちゃうよね。 
    このままローラに幸せになって欲しい!と無理なのはわかっていても願わずにはいられなかった…。

    母親の立石凉子さん、これまたお上手過ぎて見ているだけでこっちまで軽く殺意を覚えてしまうほど鬱陶しい。こういう母親から注がれる愛情は毒と一緒じゃないのかな。 外国の戯曲って親子関係が面白い。親の「支配」の仕方が日本とはやっぱり違うんだよね。

    ジムのおかげで一瞬だけ華やいだ家。そして再び閉じてしまう世界。 全然違うんだけど、母親までもが舞い上がる様子にほんのちょっとだけ向田邦子さんの「春が来た」を思い出した。

    *************************

    ということで、メインイベントを省略するという荒業で3月分完了。
     
    Posted by : chawan | 観る | 03:48 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    お待ちしておりました。(^-^)
    3月のジキハイ祭りの中、スリルミーもお祭りにしてしまった私は、しばらく「悪」の飽和状態になりました。(苦笑)

    ジキハイの別枠感想も楽しみにして待っていますね!
    | ふうこ | 2012/05/11 11:30 PM |

    >ふうこさん
    コメントありがとうございます! 
    わざわざ読んでいただいたのに、すっ飛ばしているものばかりで…すみません。
    スリル・ミーはとにかく期待値が跳ね上がっていたので、「いま落ちちゃいかん!」と無理矢理冷静を装っていた部分がありまして…あらためて7月に浸りたいと思います! 
    3月のふうこさんは「悪の飽和状態」だった、と。こわっ!(笑)
    | chawan | 2012/05/14 1:29 AM |

    わーい、更新してありました!
    chawanさんの観劇日誌、読むの大好きなので嬉しいです。
    たくさん観てらっしゃいますね〜。
    私が唯一観たのは「90ミニッツ」。
    予備知識ゼロで席に着いたのでシリアス100%の話に驚きつつも最後の決断まで釘付け。命の長さと幸せの密度を考えさせられました。
    大好きな二人の丁々発止のやりとりも大満足。(西村さんかっこよかった〜。)

    あと、「エンロン」お勧めですか?
    今週名古屋公演があり当日券で行くつもりだったんですが、先週末から体調不良で咳が止まらず迷惑人間になっちゃいそうでちょっと諦めかけています。
    行きたいのはやまやまですが…。
    | くるみ | 2012/05/14 9:55 PM |

    >くるみさん
    コメントありがとうございます!こんな久しぶりの更新をよく見つけてくださいました。(笑)
    私は西村さんが苦手だったんですが、「90ミニッツ」ですっかり好感度UP!です。 あのクセのある感じがぴったり合ってましたよね。
    「エンロン」はですね、エキサイティングでした!面白いです。ミュージカルじゃないんですけど、ミュージカル俳優が沢山出ているのも納得な演出だし。 
    ただ、私が面白いと思うのはかなり個人的な仕事がらみの思い入れもあるので、体調不良を押してでも是非!と言うべきものかどうか…それがなんともわからないんです。(^^;
    いや、やっぱりくるみさんのお身体のほうが心配ですよー。 お大事に!!

    感想は今日明日中には書きますのでご参考になれば…。
    | chawan | 2012/05/15 7:21 AM |

    chawanさんが追いついてる〜!
    どたばたな3月が思い返されます(笑)
    みんな、お疲れ様でした。

    スリルミー、沢山煽っちゃってごめんなさいでしたー!(萩尾望都、超わかります。)
    7月にまた、改めて色々観察していただければ〜。見比べると、またおもしろいので。
    私はもうちょっとジキハイも観たかったなーと、そちらを反省です。前半にもうちょっと入れるんだった。
    私的には、Hプロ演目の殺し合いで残念無念です。
    | きひろ | 2012/05/17 5:37 PM |

    きひろさん
    いらっしゃいませー!コメントありがとうございました。スマホからお返事入れたはずなのに反映されてなかったです。ごめんなさい。
    いやいや、スリル・ミーは先に見てハマった人たちが「話したいけど話せない」なジレンマに苦しんだのももっともです。(笑)
    私も7月は自分にブレーキかけることなくもう一度しっかり見ます! 今後ともご指導(?)よろしくお願いしますねー。
    | chawan | 2012/05/19 4:27 PM |










    この記事のトラックバックURL
    http://ifeelsomuchspring.chamwan.catfood.jp/trackback/855985
    TOP