個人的な偏りに満ちた観劇記を中心とした私的日常雑記です。「俳優 畠中洋さん」を熱烈応援中〜!
<< 5/21 宝塚花組全国ツアー(川口) | main | 5/24 イキウメ「ミッション」 >>
5/22 宝塚雪組「ドン・カルロス」(2回目)
0
     宝塚雪組 グランド・ロマンス 「ドン・カルロス」
         グランド・レヴュー 「Shining Rhythm!」


    2012年5月22日(火)18:30開演 東京宝塚劇場
    1階10列センターブロック  同行者: N嬢(ありがとう!)

    体調不良の友人のピンチヒッターとしてお声がかかった。
    日曜日の観劇後「リピートしたい!」と思ったものの残り1週間。平日夜公演は火曜と木曜日だけ。 日曜の夜探して火曜日ではさすがに受け渡しのタイミング的に無理だし、木曜日は別件ありだし…とあきらめた直後にピンポイントでチケットが降ってきたのは神のお計らいか、悪魔の策略か。

    昔は「宝塚は最低1公演3回」をモットーに観劇していた。宝塚の場合は作品の出来不出来がわかってからではチケットを買い増することができないケースが多いので、とにかく押さえる。 そして「だ、駄作…」と思っても3回見ると味がでてくるというか、それなりの良さがわかってくる。何しろ出演者たちへの思い入れがこれだけある劇団は他にないので、なんとか「ここが好き!」と思えるポイントをさぐるのはそんなに難しいことじゃない。
    でも一時ほど情熱がなくなったことに加えて公演期間が1ヶ月半から1ヶ月に短縮されたため、最近は気付いたら「最低1回は行く」というスタンスになっていた。(それ、普通だから)
    ヅカ系の雑誌も定期購読をやめてしまったので、これだととにかく下級生が覚えられなくなる。今はまだ過去の遺産で何とかなっているけど…そろそろ真剣に今後の自分の在り方を考えなければっ!(何が?)

    ということで「ドン・カルロス」2回目。 やっぱりいい話!
    カルロスという役は、わかりやすく「明るいキャラ」ではなく、思慮深く、でも情熱的で、周囲の人々が愛さずにいられないオーラがある。 今の桂ちゃんにすごく合っているのかも。

    ただ2回目のせいもあるけどやたらと説明くさいセリフが多いのは気になった。 
    気の毒にカルロスは、延々自分の生い立ちを一緒に育ってきた幼馴染でもあるレオノーラに語り続けるという…なかなかマヌケな構図。まあそこは桂ちゃんだけあってそれなりに乗り切っているけどね。 

    フェリペ国王もやはり自分語り…なんだけど、カルロスと王妃の仲を疑うに至るシーンはすごくいい!嫉妬を表すかのような赤い衣装を身に着けた幻が次々に現れて彼の心に疑いを吹き込むことで、無理なくカルロスと王妃がもともとは婚約していたこと、国王が2人を引き裂いたと言われるのを実は恐れていることなんかがちゃんと浮き彫りになる。 フェリペの台詞まわしもさすがまっつ!うまい!あの落ち着いていてよく通る声が好き〜。 

    子供の認知を交換条件にされても、ネーデルランドのために躊躇なくサインをしたポーザ侯爵もカッコよかったし、それを見てサインを破り捨てたエボリ公女の漢気ある態度も結構ツボだった。 
    しかし子供の髪の色がフェリペ国王に似ているから、彼女の夫は自分の子ではくても納得しているって、よく考えるとめちゃくちゃな…(笑)フェリペもとんだ濡れ衣を着せられて気の毒に。そう思われても不思議のない私生活だったのかな?
    ♪英雄〜 色を〜好むと言うだろ♪(←演目違いだって)

    最後の大円団はご都合主義ではあるけれど、原作がオペラならこんなものなのかな、と。(オペラ無知の分際で!) 
    それになんと言ってもやはりハッピーエンドは嬉しい。 トップコンビ2人の笑顔で幕が下りる幸せは宝塚でしか味わえない貴重な贈り物、夢の世界。 本当に幸せだった〜! 

     
    Posted by : chawan | 観る | 03:27 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    ちょうど昨日観たばかりで今回はご縁がなく一回しか雪組は観れなかったので、若干、怪しい記憶の補足が即座にできました〜(笑)
    宝塚に対する憧れは何年も前からあったのですが、はまりだしてまだ一年強・・・chawanさんのおかげでさらに宝塚に魅せられ続けている日々です。

    これからもよろしくお願い致します。
    | ぴっぽっぽ | 2012/05/27 8:03 AM |

    >ぴっぽっぽさん
    コメントありがとうございます! 私こそあの日あそこでぴっぽっぽさんと思いがけず熱く語り合うことがなかったら、こんなに再燃しなかったかも知れないんですけど?!
    あの異様な盛り上がりは何だったんでしょう。(笑)
    神様があなたの姿を借りて私を再びヅカの世界に引き戻そうとしたのかも!(なぜ?)
    これからもよろしくお願いしますね〜!
    | chawan | 2012/05/28 10:26 PM |










    この記事のトラックバックURL
    http://ifeelsomuchspring.chamwan.catfood.jp/trackback/855999
    TOP