個人的な偏りに満ちた観劇記を中心とした私的日常雑記です。「俳優 畠中洋さん」を熱烈応援中〜!
<< 謹賀新年! | main | 2012年8月の記録 >>
2012年10月21日イーストジャパンダンス選手権観戦記
0

    JDC イーストジャパンダンス選手権

    2012年10月21日(日) @日本橋三井ホール

    <応援していたペア>
    プロ イースト ボールルーム出場
    西尾浩一・下田藍ペア(武田ダンススクール) 
    ★選手名鑑はこちら
     
    本日の成績: 三位入賞!

    優 勝:26番 亀川隆史・高橋ひとみ
    準優勝: 3番 森脇健司・的場未来   
    第3位:44番 西尾浩一・下田藍
    第4位:19番 山田圭一郎・竹井彩子
    第5位:13番 眦珍錙松村順子    
    第6位:45番 成田雅延・元山朝香
    ★採点結果一覧はこちら



    <応援団>
    うるるさん、きひろさん、LEOさん、F子さん
    tdさん、シルバさん、従妹のMAYUMI & 私

    なーんと総勢8人! もう行く前から盛り上がることは必至!



    ホールの座席を生かした段差のある客席側を手配していただいたので、とっても見やすい!
    最前列と2列目に4人ずつ陣取り、今回の応援ウチワをスタンバイ。
     
    一次予選(WTFQ)
    まず2人のワルツのスピードが早くてびっくり!ワルツが大きく早くなって、楽しい〜。クルクルクルクルと美しく回転しながらコーナーを回って行く姿に感動してなぜかいきなり涙が出そうになった。「掴みオッケー!」と心の中でガッツポーズ。(笑) 

    二次予選(WTFQ)
    今まではそのキレとスピードに見惚れていたお二人のタンゴ。えーっと、何て表現したらいいのかよくわからないんだけど、今回は重厚かつ情熱的な重々しいステップがめちゃかっこよかった。やや腰を落とし(本当に落としているかどうかじゃなくって、あくまでもイメージ)膝の上下動がないまま地を這うような迫力でズズズンッと迫ってくる。 
    その重さがあるから余計にキレのあるステップとのメリハリが効いて、目が釘付け。
    情念の重さ、みたいなそんなタンゴの新しい魅力に気づいてしまった。 
    そしてスローフォックストロットも今までよりなんか大きい!ゆったりした部分にタンゴと同じような「重さ」をがあって、緩急がますます心地良く、見ている自分まで身体がスイングして運ばれていくような気分。


    三次予選(WTFQ)
    出場組数は減ってきたけど逆に1ヒート当たりの組数が増えて混雑感UP! 
    なのになぜかお二人の位置取りがものすごくいい。 スピードに乗ったまま混雑を抜け、正方形だからいつもと違う構成になっているはずのステップなのに、どこを切り取っても絵になる感じ。 
    特にクイックは小気味のいいステップのアピールがいつもに増してすごかった〜。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ここでちょっとお写真拝借。
    前回初めてのダンス観戦ですっかりはまった友人シルバさんが、今回も素敵な写真を沢山撮ってくれた。(ブログはこちら
    今回は「女性を生き生きと写そうと心掛けて臨んだ」とのことで、全く初めてだった1回目とは意気込みも経験も違うせいか、写真がますます躍動感にあふれていてびっくり! 


    応援団へのサービスポーズ、キターーーーー!



    シモさんが「のだめ口」をしている時は
    歌っているのさっ!

    私の中では「のだめ口」と言ったら今大会背番号9番花田氏。 この方の熱くてスピード感のあるダンスと「のだめ口」は初めて競技会を見たときから胸に刻まれてしまって…(笑)
    しかもこの方、学生時代のシモさんのお師匠様らしい。
    つまり「のだめ口」はお師匠様譲りっ!





    曲が始まって踊り始めるまでのタイミングは各組それぞれなんだけど、西尾・下田ペアはここにこだわりを感じる。
    シモさんの右手とリーダーさんの左手が組まれ、リーダーさんの右手がシモさんの美しい背中に添えられる。シモさんの背中がしなり、そして最後に左手がすっと伸びてから優雅にゆっくりとリーダーさんの肩に止まる。蝶が止まるみたいにキレイ!!


    この一連の動作がなんともドラマチックなの。毎回ガン見しちゃった。
    反り返った指の角度も何もかも、「でへへ」って笑っちゃうぐらい美しい。
     ←指先の角度に注目!




    背番号45 成田・元山ペア。パートナーさんがめっちゃかわいい!色鮮やかなドレスがお似合い。 
    ショーダンス選手権の優勝者とのことで、アピール力がすごかった〜! シモさん達と同じヒートの選手はなかなか見れないはずなのに、このペアだけは別 背中の反りも美しかったし、とにかく美人さんなんだもーん。 このドレスは裾がお花みたい。(決勝戦の明るいマリンブルーのドレスの胸元は貝がモチーフになっていてまさにマーメイドだった。) 


    おおお!前回のJDCカッププロラテンで「あのペアはブラジル人だよね?」と私たちを惑わした(笑)熊谷ペアが今回はプロボールルームに! タキシードに納まりきらない濃いお顔…すぐわかったよ。

    -----------------------------------------------------------------

    準決勝(WTVFQ)
    ヴィニーズワルツで3番森脇・的場ペアとガチバトルとなる。なんともデッドヒートな感じというか、すごいスピードで二組がほぼ同じコースを辿りコーナリング。普通はどこかでステップの違いから離れるはずなのに、タイミング合いすぎて、まるでそういう競技なのかというぐらいシンクロしていた。
    見ている分には興奮するけど…当事者は踊りにくいのよね?

    そして当然 西尾・下田ペアは決勝進出!
    「絶対決勝進出!」と思っていてもやはりフロアに出てくるまでドキドキする。何せ、ライブですからね。
    決勝では各ペアの紹介とダンスの披露がある。これって観客も盛り上がるけど選手も気持ちいいんだろうなあ。

    決勝(WTVFQ)
    ワルツがいい〜。私は前回の競技会まではあまりワルツって注目してなかったんだけど、今回は一次予選からお二人のスピード感とダンスのスケールの大きさにひきつけられて大興奮。ドレスの裾の翻りまで計算されているようにきれい!
    タンゴもヴィニーズワルツもスローフォックスもクイックも、お二人の独特の気品とハッピーオーラがたまらない。緊張する決勝戦なのに「楽しそう」なんだもん。
    しかし、決勝戦は組数が少ないのになぜか全組がかぶり気味で踊りにくそう。それぞれ見せ方とか位置取りとか似ちゃうものなのかな?

    優勝の亀川・高橋ペアは、スピード感がずば抜けていて、さらに明るい雰囲気がなんとも魅力的な小気味いいダンス。フロアのどこにいても目立つ。
    オナーダンスのクイックも敵ながら(敵?)素晴らしかった! 
    私が心の中でひそかに「次にそれを踊るのは西尾下田組だからっ!(タンゴかもしれないけどっ)」と中指を立てていたのは大人だから隠しておこう…。

    -----------------------------------------------------------------
    競技会が終わって3ヶ月も経ってからの観戦記って間抜けすぎるんだけど、何しろあの興奮はやっぱり自分でも残しておきたいので、なんとかUPできてよかったー!

    西尾さん、下田さん、素敵なダンスを見せていただいて本当に幸せでした!
    これからも応援させてくださいね!


    -----------------------------------------------------------------
    <追記>

    アマラテンについてもちょっとだけ。
    やはり面白い!面白いというのは失礼なんだけど、プロとは違って皆さんのダンスの後ろに日常が見える方々なので、ついいらぬ想像をしてしまう。
    このオジサマ、会社ではコピー機の横で待ち時間にポーズ決めてるんじゃないかとか、このオバサマはキッチンで料理しながら爪先立ちでターンしているに違いないとか…。

    さすがにAクラスになるとスピードも段違いで「競技」になってくるんだけど、それはそれでドヤ顔が面白すぎる。特に優勝した3番ペア…技術的には一番上手いのは私が見てもわかる。でもリーダーのドヤ顔がすでにドヤを超越して、噛みつかれるんじゃないかと思わず引いてしまう狂犬レベル。風貌も暴走族っぽいしなあ。(笑)
    ところがこの狂犬ドヤ顔がカメラマン シルバさんのツボにはまったらしい。大ウケしながらばしばしシャッター押すもんだから、狂犬がますますノッてきて私たちの前で踊り続けるという…個人的には6番ペアのビジュアルが好きだったのに、私たちのいた一角は狂犬コーナーになっちゃってたので来てくれなかった…。

    -----------------------------------------------------------------
    <今回の応援ウチワ>
    今回は金モールも付けた!
    まずは表。
    キャッチコピーは4種類。
    「ダンスフロアの怪人」
    「This is the Moment」
    「アイとニシの輪舞」
    「オナーダンスは俺のもの」



    そして裏面はゼッケン番号@ハロウィン仕様。8本並べるとまるで曼荼羅…

    めざせウチワ職人!
    Posted by : chawan | 観る | 23:34 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    時間がたっているのにもかかわらず詳しいレポート、そして私の写真を使ってくれてありがとう。
    45番のパートナーさんは、私もメッチャ可愛いと思っていました。

    ラテンはキメポーズが絵になるペアが被写体としては最高なんですっ!
    だから3番はダントツでした。

    私は美しい被写体を撮るのが好きなので、とても楽しかったです。
    また声かけてね〜。
    | シルバ | 2013/01/03 12:50 AM |

    コメントありがとうございます。
    こちらこそお写真使わせてとお願いしながら3ヶ月も経過してからのUPで失礼しました。
    45番さん、美人でしたねー。オレンジのドレスも決勝戦のマリンブルーのドレスも、一味違う華やかさだったし。
    それにしても書いているとまたあの日の興奮を思い出しちゃいます。西尾・下田ペアが戦いの場でも楽しそうなハッピーオーラを振りまいて踊ってくれたし、スピードもキレもあって優雅だし、応援し甲斐がありますもんね。
    是非またご一緒しましょう!
    | chawan | 2013/01/05 4:46 PM |










    この記事のトラックバックURL
    http://ifeelsomuchspring.chamwan.catfood.jp/trackback/856019
    TOP