個人的な偏りに満ちた観劇記を中心とした私的日常雑記です。「俳優 畠中洋さん」を熱烈応援中〜!
<< いけいけどんどん2012年12月 | main | いけいけどんどん2013年2月 >>
いけいけどんどん2013年1月
0
    2013年1月。 
    今年はもう少し観劇数を絞っていこう、と決意してたのに畠中さんの「ピアフ」が! 
    なので、結局この月もかなりの観劇数になっちゃった。
    しかも仕事は例のプロジェクトが佳境で、よくこんな時期に劇場に通っていたよね、我ながら感心。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    1/10    音のいない世界で

    人形劇を見ているような不思議な話。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    友人の友人が出ている関係で見に行ったんだけど、水戸黄門ご一行が落雷のショックで現代にタイムスリップして(しかも若返って)騒ぎを巻き起こす、というお気楽もの。
    感想としては「初めてシアターミラクルに行ってきました!」に特化したいような…

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    1/13    立川談春独演会「デリバリー談春」
    立川小春    「家見舞い」
    立川談春    「初天神」
    〜仲入り〜
    立川談春    「芝浜」

    小春の「家見舞い」は元気でかわいかった。なのに談春ってば自分が二つ目になったときにやはり「家見舞い」をやって、円楽師匠にここを注意された…という話にかこつけて一節披露。 うわ…あまりに別物というか格が違いすぎる。 愛の鞭にしてもきついなあ。(笑)
    「初天神」はきん坊に飴玉を買った後に、なぜか「出店のないところを通る」とか言っていきなり裏道に!観客大うけ。ものすごく久しぶりにやる噺だと言っていたから、飴屋から凧屋に至る細かい段取りが面倒くさいか思い出せないかで、それをすっ飛ばすためだったのかも。それとも観客にそう思わせることで笑いをとったのか?
    「芝浜」聞けてラッキー! 

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    三浦春馬のダンスがキレッキレ!歌もうまいし、見た目もいいし、正直「アイドル枠」だと思っていたので驚いた!是非これからもミュージカルに出て欲しい人材。
    浦井君がかわいい…。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    1/16,23,26,30    ピアフ  銑
    ピアフに関わる男たちは、ピアフの人生を彩った景色の一つとして描かれている。 その場その場の瞬発力と集中力で勝負!的な作り方なんだと思った。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    1/17  & 1/20  

    当然ながらKERA版とはまったくの別物。 
    勝ち負けを決めるものではないけど…「ケラ版の勝ち」(笑) 
    適材適所というか、KERAワールドをよく理解している役者さんが作り上げる世界の完成度が高かったということが今更ながらに理解できた。
    すみ花ちゃん、一般舞台デビューおめでとう!

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    1/19 & 1/22 & 1/31    

    ちえねねのバカップルぶりに、ひたすらにやにやして幸せに浸れる作品。
    ショーの「僕のアリエスちゃん」「私のオオカミさん」って!!もう「やめてー!」ってぐらいツボ。

    Posted by : chawan | 観る | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://ifeelsomuchspring.chamwan.catfood.jp/trackback/856028
    TOP