個人的な偏りに満ちた観劇記を中心とした私的日常雑記です。「俳優 畠中洋さん」を熱烈応援中〜!
<< いけいけどんどん2013年2月 | main | いけいけどんどん2013年4月 >>
いけいけどんどん2013年3月
0
    仕事はもう大変なことになっております。
    そして家庭でも揉め事勃発。
    ま、そんなもんですよね。 

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

    毎回どの公演を見ても完成度の高さにうっとりして、作品の中をたゆたいながら観客としての幸せを満喫できる、大好きな劇団。
    会話のセンス、ナンセンス、テンポ、何もかも好き。役者さんがこれまた上手いんだもの。過去の作品の続編的、スピンオフ的要素をチラ見せしつつ、単独の短編として何も考えずに楽しめて、しかも最後はちゃんと円になる。うまいな〜。
    とりあえずは「チケット安すぎる!」と叫んでみる。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
    3/14    ウエディングシンガー

    もうまさにキャストの息ぴったり。隅々までブラッシュUPされてるなあ。観客もリピーターが多そうだし、80年代ギャグまでしっかりウケてる!感動!初演の頃のやや滑ってる感が懐かしく思えるほど。(笑)
    今回サミー役が綜馬さんから吉野さんに代わったことで、バンドの狙う方向が「実力もあるビジュアル系」に変わったんじゃないかな。そういう意味では、本当にこれから売れるのかも!っていう期待も持てる。綜馬さんの場合はいかにも地元限定のバンドって感じで、それがまた面白かったんだけどね。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
    3/16    宝塚月組「ベルサイユのばら」◆覆泙汽ル)

    ちょっと女々しいオスカルの役づくりが新鮮だ!
    確かに今回の脚本だと、男装の麗人としてご婦人方にキャーキャー騒がれるシーンもないので、これでも成立する。
    いつもは気になる龍さんの「タメ」が、今回のオスカルにはよかったのよね。パリ出陣前夜、アンドレを呼ぶまでの心の動き!「今宵一夜」を決意しているのに、一瞬の恥じらいとためらい。うーん、こっちまで照れる。(笑) 
    みりおちゃんのアンドレは健気だし、オスカルの時よりしっかりとクサく演じていて、こっちの組み合わせの方が私は好きだったなー。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
    3/21    スリルミー(柿澤・松下)

    大人になったね、って感じ。 個人的な印象としては前回の二人の幼さが好きだった。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
    3/27    八犬伝    

    劇画がそのまま舞台になったような…面白かったけど、めずらしく腹痛をこらえながらの観劇。
    これが翌日急性虫垂炎と診断され2泊3日の入院・手術!←これ、舞台と関係ないじゃん
    Posted by : chawan | 観る | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://ifeelsomuchspring.chamwan.catfood.jp/trackback/856030
    TOP