個人的な偏りに満ちた観劇記を中心とした私的日常雑記です。「俳優 畠中洋さん」を熱烈応援中〜!
<< 3年経って | main |
2014年観劇記録
0

    またもや放置したままで気が付けば大晦日。
    観劇予定も途中から更新してないし、我ながらだらしない性格だ…
    せめて観劇振り返りぐらいはしないと。

    お芝居やミュージカルに限らず、生で見た「一期一会」なもの全ての記録なのでダンスの競技会あり、コンサートあり、落語あり。
     

    独断月間賞
    私情ばりばり、とにかくもう一度見たい!

    完成度高かったなあ。もう一度見たい!

    1月
    デリバリー談春
    青☆組「人魚の夜」
    ライブMHK2014´
    志の輔らくごin Parco
    宝塚雪組「Shall we dance?」
    宝塚雪組「Shall we dance?」
    太鼓たたいて笛ふいて

    【ひとこと感想】
    「ライブMHK2014」
    畠中さんの朗読、すごくいい!歌は「One day more」でのバルジャンパートを熱唱!
    「人魚の夜」
    初めて見た青☆組。お芝居の世界観がしっかりあって想像力を掻き立てられて面白かった。

    2月
    宝塚雪組「Shall we dance?」
    柿喰う客「世迷言」
    もっと泣いてよフラッパー
    宝塚星組「眠らない男」
    宝塚宙組「翼ある人」

    【ひとこと感想】
    「眠らない男」
    豪華絢爛!宝塚100周年の気合を込めまくった衣装もセットもすごい。
    「世迷言」
    柿喰う客も初めて!ちょっと野田ワールドな絶妙な言葉の扱い方に翻弄された。

    3月
    病院ミシュラン
    恐るべき親たち
    宝塚星組「眠らない男」
    ダディ・ロングレッグス
    宝塚星組「眠らない男」
    見上げたボーイズ「これから」
    ねずみ三銃士「万獣こわい」
    ミュジーカル座「何処へ行く」
    幽霊
    新感線「蒼の乱」

    【ひとこと感想】
    「ダディ・ロングレッグス」
    初演を見逃したことを山盛り後悔。
    「恐るべき親たち」
    いやもう…恐るべき麻実れいさん。

    4月
    JDCイーストジャパン選手権
    ハルナガニ
    宝塚雪組「心中恋の大和路」
    新感線「蒼の乱」
    談春独演会
    酒と涙とジキルとハイド
    レディ・ベス

    【ひとこと感想】私情ばりばり部門のみ。
    「心中恋の大和路」
    これは…美形のトップと歌の上手い2番手がいてこそ成り立つ作品。マッツの歌に泣いた…!
    「レディ・ベス」
    ついに実現!「女王になるため生まれてきた花總まりさま」の単独主演作品。感涙。

    5月  うむむ、この月は1本に絞れない!!
    宝塚花組「ラスト・タイクーン」
    レディ・ベス
    酒と涙とジキルとハイド
    クロードと一緒に
    ロンサムウエスト
    宝塚星組「太陽王」
    特選落語名人会
    男の人生60年
    DULL-COLORED POP「プルーフ - 証明」
    宝塚月組「宝塚おどり」

    【ひとこと感想】
    「太陽王」
    ファン馬鹿と言われようとも、柚希礼音のトップの力量を見せつけられた作品。衣装がどれも似合いすぎて目の保養。娘役の使い方も面白い!
    「クロードと一緒に」「ロンサムウエスト」「プルーフ-証明」
    5月は見たい作品多すぎてかなり無理したけど、その甲斐あって満足〜。

    6月
    ビッグ・フェラー
    加藤健一事務所「請願」
    赤鬼
    昔の日々
    イキウメ「関数ドミノ」
    JDCカップ
    宝塚宙組「ベルサイユのばら」A
    宝塚宙組「ベルサイユのばら」B

    【ひとこと感想】
    「関数ドミノ」
    イキウメの中ではかなりわかりやすい話しだったけど、相変わらず独特の世界があって「お芝居の虚構性」を堪能。
    「請願」
    突きつけられる現実が重くて痛い。でもなんと素晴らしい会話劇。

    7月
    シスター・アクト
    エスコルタコンサート
    抜け目のない未亡人
    太陽2068
    DULL-COLORED POP「河童」
    抜け目のない未亡人
    La Vie

    【ひとこと感想】
    エスコルタ
    トークの緩さと歌の完成度のギャップが最高。
    「河童」
    ゲリラ豪雨の中たどりついた劇場でぬれねずみのまま河童の世界に落ちた。うーむ。すごい。

    8月
    メール劇「親愛なるあなたへ」
    大人の新感線「ラストフラワーズ」
    宝塚雪組「−夢庵風流記 前田慶次」
    畠中洋トライアウト「カスタネットの男」
    朝日のような夕日をつれて
    大人の新感線「ラストフラワーズ」
    君となら
    VAMP

    【ひとこと感想】
    「カスタネットの男」
    完成度は…「トライアウト」だからとしか言いようがない。でもファンの悲願であるソロライブの実現は本当に大きな出来事だったので、何はなくともこれ!

    9月 
    富士山アネット「醜い男」
    Dance Gala2014
    イフアイ
    ヒストリーボーイズ
    火のようにさみしい姉がいて
    宝塚星組「The Lost Glory-美しき幻影-」
    三文オペラ
    きらめく星座
    円楽独演会
    JDCイーストジャパン選手権

    【ひとこと感想】
    イーストジャパン選手権
    なんと言っても西尾・下田組の優勝の瞬間に立ち会えたのが嬉しい!オナーダンスは涙で目の前が曇ったぜい。
    「醜い男」
    この作品を映画やドラマで「醜男」と「美男」の役者変えてやったら何も面白くなくなると思う。役者の演技と観客の想像力が作り上げる世界。まさにこれぞ演劇。

    10月
    道化の瞳
    道化の瞳
    炎 アンサンディ
    宝塚花組「エリザベート」B
    道化の瞳
    道化の瞳
    道化の瞳
    道化の瞳
    志の輔落語in赤坂
    箱庭円舞曲「厩火事」
    箱庭円舞曲「常時裏」

    【ひとこと感想】
    「志の輔らくご in 赤坂」
    前半は「かな手本忠臣蔵」の解説で、後半が中村仲蔵の話。日本人として、毎年聞いて毎年感心したくなる作品。
    「炎 アンサンディ」
    うーむ。表現する言葉がうまく見つからない作品。
    「常時裏」
    箱庭円舞曲番外公演。実は入場した時からすでに観客がお芝居の一部に取り込まれていて、私が持って行った差し入れまでも小道具として機能していたという驚きの作品。

    11月
    宝塚花組「エリザベート」B
    宝塚花組「エリザベート」B
    宝塚花組「エリザベート」A
    トーキョー・スラム・エンジェルス
    紫式部ダイアリー
    スリル・ミー(伊礼・万里生)
    アリス・イン・ワンダーランド
    トーキョー・スラム・エンジェルス
    皆既食
    宝塚月組「PUCK」

    【ひとこと感想】
    「PUCK」
    エリザベートより見たいのか?と言われそうだけど、だってエリザは4回見られたからもういいでしょ。龍さんのPUCKがめっちゃかわいいし、再演とは思えないぐらいそれぞれの役の個性が合っていた。(実は最前列センターが当たっていたんだけど諸事情により手放したためその未練が加味されてるかも。)
    「トーキョー・スラム・エンジェルス」
    私にとって最後の青山円形劇場。面白い脚本だし役者さんもすごい。ただ、好き嫌いで言ったら前作のウィトゲンシュタインの方が好みだった。

    12月
    見上げたボーイズ「夢を売る男たち」
    見上げたボーイズ「夢を売る男たち」
    夜会「橋の下のアルカディア」
    見上げたボーイズ「夢を売る男たち」
    見上げたボーイズ「夢を売る男たち」
    海をゆく者
    モーツァルト!
    海をゆく者

    【ひとこと感想】
    「海をゆく者」
    もうこれは圧倒的にこの一本で決まり。​ダメダメヤローのおっさんたちが上手すぎる。
    このお芝居を見ていると、同じ空間にいることがゾクゾクするぐらい幸せ。

    ということで、2014年の観劇・観戦・鑑賞ナマモノの数は合計102。
    今年も控え目に見ていたはずなのに。随分我慢したのに。12月後半は入院してたのに。
    なんで100を超えたのか不思議で仕方がない…。

    自分が役者をやる「あちら側」に行くことはないと思うので、逆にどうやって演劇が作り上げられていくのか興味津々。
    最近は本読みから観客に見学させてくれたりするような面白い企画をやっている劇団もある。本当は「トーキョー・スラム・エンジェルス」のゲネプロも希望すれば見せてもらえたんだけど…オフィス引越し前日だったので休むわけにもいかず断念。
    来年こそはどこかのワークショップの見学してみたいなあ。

    ふう、なんとか今年中に実績振り返りが終わった!

    来年も楽しい観劇続けるぞー!

    <2014年1月〜12月観劇実績連動型義捐金>
    1月 8公演 4,790
    2月 5公演 4,050
    3月 10公演 7,950
    4月 7公演 6,140
    5月 10公演 7,720
    6月 8公演 6,200
    7月 7公演 6,480
    8月 8公演 6,580
    9月 10公演 9,564
    10月 11公演 8,740
    11月 10公演 8,840
    12月 8公演 7,000  
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    合計 102公演  84,054円 ⇒ 来年1月付で赤十字に振込。

     
    Posted by : chawan | 観る | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://ifeelsomuchspring.chamwan.catfood.jp/trackback/856037
    TOP